☆ゲームと生活について

オンラインゲームの怖さ

オンラインゲームをやっているとちょっとづつ課金をすることが増えてきますよね。これがどんどんエスカレートしていくと生活費にも影響が出てくるようになるんです。私の知っている若者で、地方から上京してすでに5年以上たっている子が居ます。その子は東京に根をはって、生きて行くんだという明確な意志が昔はありました。

 

ところが昨年末、彼が地元に帰ってしまったんですよね。仕事にでも疲れたのか、親に呼び戻されたのか・・・。色々と思っていたんですが、彼とかなり仲の良い友人から話しを聞くと、驚くような答えが返ってきました。それはスマホのアプリゲームに課金を繰り返し、毎月何万円もつぎ込んでしまっていたようなんです。もちろん就職して間もない彼の手取りはそんなに多いわけではありません。住んでいた場所も狭いけれどマンションだったので、安くはない家賃も払っていたのでしょう。学生の頃は仕送りがあり、アルバイトもしていたので、就職する前より収入が多かったんでしょうね。

 

生活費に困った彼は消費者金融からちょっとづつお金を借りて生活費の穴埋めをしていたようなんです。最初のうちはちゃんと返済もしていたようで、限度額がどんどん上がって行ったんですよね。そこで、スマホのゲームにどんどんつぎ込むようになったんだと言っていました。彼と仲の良い友人はそんなにお金が無いような生活を彼はしていなかったんだと言っていたので、毎月何万円もゲームに使っているなんて思っていなかったそうです。

 

そして、昨年末には返済が滞るようになり支払いも出来ない状況に・・・。何百万円かの借金が重くのしかかったんでしょうね。結局、親に泣きついて実家に帰ることを条件に肩代わりをしてもらったそうなんです。

 

彼には、東京で成功するんだと言う明確な目標がありました。そんな彼の夢を一瞬で壊してしまったゲームの課金。楽しく自分のお小遣いで遊べる範囲内で遊んでいれば、こんなことにはならなかったでしょう。自分をコントロールする力が無かったんですね。

 

楽しいゲームですが、節度を持って遊ばないと大変な事になってしまう時代なんだな・・・身近に起こった出来事で感じることができました。