☆ゲームと生活について

ゲームをやり続ける若者

ゲームをずっとやり続ける若者が増えているようで、社会生活をおくることが困難な状態になっているようです。先ほども書いたように実家で部屋にこもり、ゲームをやり続ける。今では、ゲームを買わなくても十分に遊べてしまうものが増えています。インターネットの環境さえあれば、お金を使わずにゲームをやり続けられるのです。もちろん、無料のゲームもお金を払えばもっと楽しめると言うものもありますが、そのお金を使う理由がお金で時間を買うものが多いので、逆に時間を使えばお金を払わなくても楽しめてしまうのです。ほとんどのプレーは無料で出来るので、お金なんて必要がなくなっているんです。なのでお小遣いも使わずにパソコン一台とネット環境さえあればいいというのが、原因だと思われるのです。そんな生活になってしまう入口はどこにでも転がっています。風邪で学校を休んでしまい、暇だからゲームを始めてみた。学校で問題があり、行きたくなくなりゲームに逃げ込んだ。会社で人間関係に疲れてしまい、ゲームを始める。離職してからすぐに次の仕事を探さず、そのままゲームばかりやるようになった。最初は暇つぶしにゲームを始めて、そのうちそこから出られなくなってしまう。そんなことが普通に起こっているのです。